そろそろ包茎をなんとかしたい

人は生殖において子を増やし、性交渉によって次の代へとつなぐための命を生みだします。

 

そこで大事なのが、健全な身体なわけですが、包茎というのはそれらを妨げかねないものとされています。どうして、包茎がそこまでまずいのかといえば、性交渉時にも様々なトラブルを引き起こす可能性があるからです。

 

人によっては包茎手術をしなければならないひどいものまであります。

 

必ずしも包茎手術が必要なのが包茎というわけではなくて、性交渉時に問題が起きるレベルであれば、自主的に包茎手術を受ける必要があるというものです。包茎自体に命の危険はありませんし、包茎手術に至るまでの流れの中で、本当に手術台に上る人はごくわずかです。

 

死ぬまでずっと包茎のままという人もいますし、大して問題はない場合もあります。手術まで来る人のほとんどは、包茎という状態が感覚的に嫌な人や性のトラブルが怖い人などがほとんどです。性病にかかりやすくなるという包茎によるリスクを考える人もいるようです。こういった包茎手術による治療を試みる人たちを見て、自分もと思うのは当然と言えるかもしれません。

 

包茎手術|経験豊富で信頼出来る病院を紹介
http://xn--e--1z5c829ceu2bkvg.com/

老人ホームは高ければ高いだけの理由があります

高いのに入居者がそんなに来るなんてどれだけ住み心地が良いのか余計に気になってしまいます。

 

思い切ってパンフレットを資料請求してみました。

 

高級老人ホームって本当に高いの?と思って、調べてみたら驚きました。

 

高い!!と叫んでしまう程高かったのです。
こんなに高くて入居する人がいるのかなと思っていましたが、一ヶ月後見てみたら殆ど埋まっていて更に驚きです。

 

 

数日で届いてから驚いたのはそのホームの豪華さです!
ひとり一部屋あるのですが、一階に食堂があり、お寿司やステーキがでたりするそうです。

 

その上、二週に一度美容師が来たり、ダンスの講師が来たりしてかなり充実した設備のようです。
他にお風呂や映画、ゴルフの練習もできたりしてとても老人介護施設とは思えない素晴らしさです。

 

殆ど高級マンションと変わらないつくりです。
私の家より豪華なのは当たり前のことですし、他の老人介護よりも豪華なのは当たり前のことです。

 

パンフレットを見てみると値段が高いのも頷ける気がしました。

お義父さん、そんなにゴーヤーはいりません

近所に住む義父がゴーヤーを持ってきた。今月に入ってこれで3回目だ。わざわざ持ってきてくれたのだから礼を言うが、私の顔はひきつっている。袋の中身を見ると立派に大きく実ったゴーヤーが3本入っていた。どうしよう。
冷蔵庫の中にはまだ5本のゴーヤーが入っている。

 

 ゴーヤーは確かにおいしい。苦みがあるが、その苦味が食欲をそそる。特に豚肉や豆腐と相性がよく、我が家ではゴーヤーはほとんどチャンプルーでしか食べたことがない。夏の暑い時期にはビタミンCがたっぷりのゴーヤーは無くてはならない野菜と言える。しかし、子どもは大嫌い。

 

 ゴーヤーが嫌いな子供を責めるつもりはない。私だって子供の時は嫌いだった。大嫌いだった。普通においしく食べられるようになったのは30歳を過ぎたころからだから、子どもがゴーヤー嫌いでも仕方ないとは思っている。子供も食卓に出せば、嫌いながらも一口、二口は食べるのでかえってその姿がいじましい。だからゴーヤー料理を作るのは大体週に1回がいいところだ。それなのに、義父は毎週のようにゴーヤーを持ってくる。

 

 どうしたものか……。確かに実ったゴーヤーをなったまま腐らせるわけにはいかないという義父の気持ちもわかる。だが、結局使い切れなかった大量のゴーヤーは我が家の冷蔵庫で腐っていくのだ。「あの、うち、まだたくさんゴーヤーが残っていて……」と言っても、耳の遠い義父には違う言葉として聞こえるらしく、「たくさんなって大変だから、食べてくれてうれしい」と言われた。ゴーヤーのピクルスを作ってみたが、これは夫に不評だった。友人におすそ分けしようにもうちと同じ事情だったら迷惑に違いないと考えるとそれも出来ない。冷蔵庫の中でだんだんしなびていくゴーヤーを見ながらため息を吐く毎日である。